アプリケーションプログラムの作成


 MicroSoft Visual BasicまたはMicroSoft Visual C++でNATOCのアプリケーションプログラムを作成する事ができます。
 NATOC SDKではNATOCとの通信インタフェイスが提供されますのでNATOC API(アプリケーション・プログラミング・インタフェイス)を使って簡単にアプリケーションプログラムを構築することができます。
 NATOC APIについての詳細はこちらを参照してください。
 ソースコードの記述はNATOC SDKで提供されるサンプルプログラムのソースコードも合わせて参照してください。

・ソースコードの作成

 アプリケーションプログラムのソースコードにはNATOC APIを定義したファイルを組み込む必要があります。  これらのファイルはNATOC SDKで提供されます。

Visual Basic

 NATOC.basをプロジェクトに組み込みます。  Visual Studioのプロジェクトメニュの標準モジュールの追加コマンドでこのファイルをプロジェクトに追加してください。



Visual Basic(VB.NET)

 NATOC.vbをプロジェクトに組み込みます。  Visual Studioのプロジェクトメニュの既存項目の追加コマンドでこのファイルをプロジェクトに追加してください。



Visual C++

 NATOC.hをソースコードで宣言します。  下記のようにソースコードの先頭部分にinclude文でこのヘッダファイルを宣言してください。

    #include "stdafx.h"
    #include "VCSample.h"
    #include "NATOC.h"

 NATOC.hはコンパイル時にソースコードと同じディレクトリに置いておくかプロジェクトのプロパティでNATOC SDKをロードしたディレクトリを設定しておいてください。



 Visual C++の場合はインポートライブラリィをプロジェクトに込み込む必要があります。  インポートライブラリィ名はNATOC.libです。
 プロジェクトのプロパティでNATOC SDKをロードしたディレクトリとこのファイル名を設定しておいてください。





Visual C♯

 NATOC.csをプロジェクトに組み込みます。  Visual Studioのプロジェクトメニュの既存項目の追加コマンドでこのファイルをプロジェクトに追加してください。



目次に戻る